尼子盛衰記

〜 山陰山陽十一ヶ国に号令した戦国の覇者・尼子物語 〜


応永二年(1395)江州京極高詮の守護代として富田城に入り、出雲・隠岐両国を 治めようと決意したのが尼子持久であった。そして持久の子・清定が家督を相続 し、京極からの独立を図るが失敗に終わる。二年後、清定の嫡男・経久は富田城 を攻め、富田城乗っ取りに成功した。さらに近隣諸国を次々と幕下に加え、経久 の体制は確実に強化されていった。

しかしその中で、永正元年(1518)経久の嫡男・政久は、阿用にて討ち死にする。 大永元年(1521)尼子の武威は旭日昇天の勢いでのぼり、安芸・備後・備中・備前 ・美作・播磨・因幡・伯耆・出雲・石見・隠岐等、山陰山陽十一ヶ国をその手に 握り、尼子氏は全盛を迎えた。

天文六年(1537)尼子の基礎を築いた経久も孫・晴久に家督を譲る。
天文九年(1540)には、郡山の城主・毛利元就の反逆が増長するのをみかね、元 就征伐のため晴久は郡山城へ軍を起こした。翌年、経久の片腕として尼子氏繁栄に 尽力した弟・尼子下野守義勝(久幸)は、毛利との合戦で戦死する。
天文二三年(1554)経久の三男・国久を長とし、尼子氏のなかで最強の軍団 ・新宮党に目をつけた毛利元就は、謀をめぐらせ晴久と仲たがいをさせ、国久・ 誠久父子は晴久に殺害される。

こうして新宮党は族滅、ただ一人誠久の三男・孫四郎が落ち延びたのである。

永禄五年(1562)晴久頓死により、嫡男・義久が跡を継ぐが、新宮党亡き後、 戦闘能力の激減した尼子氏は、山中鹿之介を中心とする尼子十勇士の活躍も 及ばず、永禄9年(1566)ついに毛利の軍門に降り、富田城は落城する。
山中鹿之介等浪人たちは、新宮党滅亡の際、ただひとり落ち延びた孫四郎勝久 を大将と仰ぎ、永禄十二年(1569)織田信長の力を借りて尼子家再興の宿願を 果たさんと図るが力及ばず、天正六年(1578)勝久は上月城で自害してこの世 を去り、鹿之介もまた備中甲部川にて殺害される。

こうして尼子家再興の道は絶たれ、尼子氏繁栄百八十年の幕を閉じるのであった。


戻る