Vine Linux 2.6
on
Toshiba DynaBook SS2010

最終更新日
2004.2.2

  1. 準備
  2. インストール
  3. 電源関係
  4. ネットワーク設定
  5. その他
  6. 2.6r3へのアップグレード(2004.2.2)

準備

この機種はとりあえず無事にサスペンドすることがわかったのでLinux環境を構 築して使用することになりました.今後の私のメインになる予定です.

さて,インストールの準備ですが以下のようになっています.

機器構成

本体
Toshiba DynaBook SS2010 (WinXPモデル)
メモリ/512MB
ハードディスク/20GB
フロッピードライブ
専用USB FDD
CD-ROMドライブ
Panasonic KXL-810AN
PCカード
上記ドライブ付属品
パーティションはPatitionMagicで10GBだけNTFS領域を削って作りました.細か い作業はインストールの際のDiskDruidで行っています.

作業は外付けSCSIドライブをPCカード経由で利用し,起動は FDDから行うようにしました.デフォルトでは起動がHDD最優先となっているので, コントロールパネルの東芝ユーティリティで起動順を変更しておくことが必要で す.

インストール

これまでと同じです.特段注意する必要はありません.ビデオカードの認識も問 題ないです.ただし,デフォルトのカーネルでは起動時にカーネルパニックをお こすので,http://www.vinelinux.org/vine26.htmlにある方法にしたがってカーネルを入れ換える必要があります.ブートオプションはサスペンドするためにapmを読み込むようにしておきます.

電源関係

さて,サスペンドですが標準のキーバインド(ファンクションキーを使う操作)で は動作しません.コマンドラインから

# apm -s

としたときのみきちんと動作するようです.USBマウスを付けて使用しています が,サスペンド復帰後に使えなくなるケースがたまにあります.そのときにはも う一度サスペンドさせると元に戻ります.

決定的にまずいのは再起動がかけられないことです.reboot コマンド では起動時にバイオスレベルで固まります.再起動が必要なときには停止と起動 を面倒でも行わなければいけません.原因はわかっていません.

ネットワーク設定

ネットワークに関しては,内蔵eth0は使わず,MelcoのWLI-PCM-L11を使用してい ます.特別な設定は不要で最初からカードは認識してくれます.

その他

上述のように,インストール直後はX利用時のキー配列がUSとなっているので, JISに変更します.

/etc/X11/XF86Config-4

Section "InputDevice"

Option "XkbModel" "pc101"
Option "XkbLayout" "us"
となっているところをそれぞれ,"jp106" "jp" に変更したら配 列を変更できました.

2.6r3へのアップグレード

SS SX へのr3インストールにより,ハイバネーションが可 能と言うことがわかったので,手持ちの機器にも試してみようと言うことで, 現在のメインであるSS2010もr3に上げてみることにしました.やりかたは同じ くFTPインストールです.有線LANが無理な環境だったので,メルコの WLI-PCM-L11を使用して行いました.ブートディスクはpcmcianet.imgです.

速度的にはあまり問題無くftp.riken.go.jpで20分程度でした.Xなどもディスプ レイの選択をGeneric Laptop Displayの1024x768に指定するだけで16bitカラー で表示できています.肝心のハイバネーションですが,今のところ正常に動作し ているようです.また,ありがたいのが,apmを利用してサスペンドしていたと きに復帰しなかったUSBマウスのスクロール機能が今回はmurasakiの再起動でう まく使えるようになったことです.これはありがたい.

速度的にはかなり遅く感じるハイバネーションですがやはり動くとありがたいも のです.(2004.2.2)


Linuxなページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)