Vine Linux 2.5
on
DELL Latitude L400

最終更新日
2002.7.18

  1. 準備
  2. インストール
  3. 電源関係
  4. ネットワーク設定
  5. メモリ増設
  6. その他

準備

昨年後半に仕入れたノートの内,ふつーにサスペンドできるのはこのL400だけで した.結局,メイン環境になってしまいましたので,使いにくいTurboでは仕事 になりません.Vineに入れ替えることにしました.

さて,インストールの準備ですが以下のように,Turboのときと同じ機器構成です.

機器構成

本体
Latitude L400 (Win2000モデル、法人向け)
メモリ/128MB
ハードディスク/20GB
CD-ROMドライブ
純正IDEタイプ

インストール

Vineのインストールもお気楽極楽状態になったので,ラクチンですねえ。Xの設定もATI Rage を自動で認識してくれるので普通にできます.

電源関係

このL400という機種はなかなか良くで きているようで,ふたを閉めるときちんとサスペンドし,再び開いたら無事に復 帰もできました.

ネットワーク設定

ネットワークに関しては,内蔵eth0は使わず,MelcoのWLI-PCM-L11を使用してい ます.2.5からは特別な設定は不要で最初からカードは認識してくれます.ただ し,on bootはnoに設定しているので,差す度に ifup eth1 をやってい ます.ちょっと面倒ですが.

メモリ増設

購入時にお金をけちってメモリ128MBとしていたら,やっぱり足らなくなってき ました.そこで,メモリ増設を行おうと筐体を見てみたらメモリ増設用の扉があ りません.こりゃ,本格的に分解かと思ってDELLのページを見ていたら,増設用 スロットが無いので増設できません,とあります.また,分解もできませんと書 いてあります.参りましたね.

ま,そこでへこたれていては何もならないので,まず,増設できないのなら入れ 替えということで,256MBのメモリを買って来ました.ちょっと高いけどしょう がない.次は分解ですが,最初,背面のネジをはずして開けようとしたらどうに も開かないので,こりゃ,違うなと言うことで上面から再度チャレンジです.詳 細は別ページでどうぞ.

その他

SANWAサプライの光学式スクロールマウス(USB接続)が普通に使えます.スクロー ル機能もちゃんと動いているようです.これは便利.でも,肝心の本体のUSB端 子がボディの左側にあるのでマウスケーブルの取り回しが不便です.どうして左 側につけるんでしょうかね.

それと,この機会にこれまで毛嫌していたaptも試してみました.shaolinさんのページに ppc用ですが,やり方などがきちんと書いてあったのでそれにしたがって /etc/apt/sources.list をチェックし,Plusの方も行頭の#を消しておきます.あ とは,

# apt-get update
# apt-get upgrade

でOK.アップグレードには40分くらいかかりました.


Linuxなページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)