ss.jpeg

Linux on DynaBook SS3300




最終更新日/2000.9.29

  1. Vine Linux 1.1
  2. Vine Linux 2.0
  3. Kondara MNU/Linux

Vine Linux 1.1

この機種はNaCl(現ゼータビッツ)がL-Plusシリーズを販売開始するときにモニター同然で人柱になって購入した物で、当然DebianとWindows98のデュアルブートでした。でも、いろいろとやりにくいので、大好きなVineに変えようと思い、自分で作業しました。(だって、Dselectでライブラリを壊しちゃったんだもん!)

当時、Let's note miniに何度と無くインストールした私は楽勝気分で取りかかりましたが、うまくいきません。インストールが終わってもPCカードが使えないし、場合によってはインストール中にPCカードを認識しないのです。東芝のLinuxメーリングリストに聞くと、問題はすぐに解決しました。PCカードドライブをデフォルトのToPICカードバスからPCICコンパチへと変更すれば良かったのです。変更方法は、Windows上からでも出来るし、起動時のBIOS画面でも出来ます。(ただし、BIOS画面を呼び出すためにToshibaのロゴが出ている間にEscキーを押すのですが、そのロゴが表示されている時間が短いので、あらかじめEscキーに指を当てすぐに対応できるように準備しないといけないのがちょっと難点です。)

また、インストール後にPCカードが使えない問題はNaClさんから教えてもらっていた方法で解決です。Vine(RedHat系)だと、/etc/sysconfig/pcmciaファイルの中に

PCIC=poll_interval=100
とすれば使えるようになります。

機器構成

本体
Toshiba DynaBook SS3300
メモリ/64MB
ハードディスク/4GB
フロッピードライブ
Toshiba ?
PCカード
Adaptec APA-1460A
CD-ROMドライブ
Panasonic KXL-810AN

Vine1.1で気になった点はサスペンドから復帰したときに画面が元に戻らず横に縞の入った画面状態になってしまうことがありました。コンソールならばclearコマンド、X上のKtermが開いていたら手探りで探して、Xrefreshコマンドで元に戻るのですが、グラフィカルログインを選択すると、ログイン画面からは復帰の方法がありません。困った、困った。

Vine Linux 2.0

長らく職場のメール専用に机の上に置いたままの状態が続いたのですが、私が所有しているノートの中で一番早いCPUを持っているし、重さもそこそこ軽いし、机においておくのはもったいないので活用することにしました。目的は、どこでもRubyかな?そこで、せっかくなのでVineを2.0に上げることにしました。

これも楽勝と思っていたら、上記の構成で上手にインストールできません。以前にこのwebを見た人から3300にVine2.0が入らないと言う情報をもらっていたことを思い出して、古いメールを探したら、AdaptecのSlimSCSIではインストールが出来ないことが判明していました。症状は、インストールの途中で止まります。アナコンダを使ってもテキストインストールでも同じでインストールが途中で勝手に終わるか、固まるかします。他のSCSIカードだと大丈夫らしく、CD-ROMドライブに最初からついてきた松下製のカードでもインストールは無事に終わりました。ところが、サスペンドがうまくいかないので、結局インストールをやり直すことに。で、もうめんどくさいので、別のデスクトップにCD-ROMを入れて、NFSインストールとしました。同じ環境をインストールするのに、20倍速CD-ROMをSCSIカードを利用してインストールするのにパッケージだけで30分程度かかりますが、24倍速CD-ROMドライブを持つ端末とスイッチングハブ経由で10Base-TでNFSインストールすると40分かかりました。大差ないですね。2年前に倍速CD-ROMドライブでNFSインストールしたときは、4時間かかったことを考えると早いドライブって良いですね。

なお、2.0では1.1の時のようなサスペンドから復帰後に画面が乱れることは無いので助かっています。

機器構成

本体
Toshiba DynaBook SS3300
メモリ/64MB
ハードディスク/4GB
フロッピードライブ
Toshiba ?
PCカード
TDK LAK-CD021BX (NFSインストール)

Kondara MNU/Linux 1.1

ちょっと出来心でKondaraも試しました。インストールについては、特筆事項はありません。構成はVine1.1と同じです。GNOMEを使うのならKondaraの方が良さそうだったんですが、これも出来心でgnumericを使おうとしたら、Kondaraの方はライブラリをアップデートしないといけなくて、Debianで痛い目に遭っている私はそれは避けてすんなり行くVine2.0に戻しました。ちゃんちゃん。


Linuxなページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)