Memory Upgrade
of
DELL Latitude L400

最終更新日
2002.7.18

DELL Latitude L400のメモリ増設のための分解手順です.ご自分でされる場 合は,以後の保証が利かなくなることを覚悟の上で,お試し下さい.なお,は め込み部品は結構固く食い込んでいるので,傷がつくのは避けられないでしょ う.

  1. 準備
  2. トップカバーをはずす
  3. キーボードをはずす
  4. メモリ増設
  5. 復元
  6. その他の注意

準備

先の細いプラスドライバが必須です.先の大きいものではネジの頭をつぶしてし まう可能性が高いので注意してください.

トップカバーをはずす

キーボードの向こう側にあるトップカバーをはずします.それとなくマイナスド ライバなどでつついていると端の方だけが固定されているような感じでしたが, しっかりと複数の爪で食い込んでいますので注意しましょう.PCカードスロット から覗いてみると一番端の爪が見えます.はずし方は全体を左へスライドさせる ことにより爪がはずれて取れますが,かなり固いです.食い込んでいる量は1mm くらいでしょうか.全般的に均等にくい込みの爪がありますが,はすれるときは一 斉にはずれます.

図1 トップカバーをはずす

キーボードをはずす

トップカバーがはずれるとネジが4個見えます.ネジをはずすと上部(向こう側) はすぐに浮きますが,手前,矢印キーの辺りのはめ込みが少しきついので慎重に 操作しないと爪が折れます.ケーブルがついているので,とりあえず,手前側に キーボードを裏返しにおいておきます.

図2 キーボードをはずすときのネジの位置とはめ込みの注意する場所

メモリ増設

出荷時に入っていた128MBをはずして256MBを入れます.はずす際には,銀色の金 属の爪をほんの少し外に開くとメモリが起き上がってきますので,向こう側に引っ 張って抜きます.挿入は逆に,斜めに手前向きに差し込んで下に押し込むと爪が カチッと食い付いて固定されます.

図3 メモリ挿入

復元

戻すときははずすときと手順が逆です.キーボードを元に戻す際には矢印キー部 分の爪に注意しましょう.受け側は細い穴なので慎重に差さないとうまく入りま せん.あとは元に戻すだけです.

その他の注意

トップカバーが固いので,それをはずすためにごそごそやっていたら液晶部分の ヒンジのカバーが取れてしまいました.カバーが取れると,右のヒンジはそのま ますっぽりはずれてしまう構造になっています.左はケーブルがついているので ハズレはしませんが,やはりヒンジカバーは浮いてしまいます.上記の写真は液 晶部分のネジをはずして作業しているものですが,そのようにしなくてもメモリ 増設作業は可能です.


Vine Linux 2.5 on Latitude L400ページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)