TurboLinux 7 Workstation
on
NEC LaVie MX

最終更新日
2001.11.27

  1. 準備
  2. インストール
  3. 電源関係
  4. その他

準備

いままでNECは何かと敬遠していたのですが,XGA表示の軽量ノートの選択肢が少 ないこととアプリがてんこ盛りなこと,Linusさんに敬意を表してCrusoeも試そ うかな,ということでLavie MX LX60T/7も買っちゃいました.予想していたより も液晶側が厚みがあってコンパクトではないのですが,ま,しょうがないでしょ う.MURAMASAを見た後ではたいがいの筐体はかっこ悪く見えます.

さて,インストールの準備ですが以下のような機器構成です.

機器構成

本体
LaVie MX (Win2000モデル、液晶バックライトのスイッチつ き,)
メモリ/128MB
ハードディスク/20GB
フロッピードライブ
別売りUSB PC-VP-BU04/OP-210-74501
SCSI PCカード
Panasonic (下記のドライブの付属品)
CD-ROMドライブ
Panasonic KXL-810AN

ハードディスクは先頭の約13GBがFAT32で,残りの約7GBがNTFSフォーマットされ ています.種々のディストリビューションを試すつもりなので複雑なパーティショ ンに変更するため,今回もPartitionMagicを利用しました.

ブートディスクがあればFDDからの起動が可能なので,比較的やりやすいでしょ う.

インストール

実は,まず,Vine 2.1のインストールを試しました.しかし,konはまともに表 示されませんし,Xの設定では表示が複数現れて重なって表示されうまく行きま せん.それならとKondara 2.0を試したら,こちらはSCSIカードを認識しないの でこれまたインストールができません.NFSインストールも試みましたが, CD-ROMが2枚に別れていてインストールツリーの表示が良くないとかでやはりイ ンストールできません.

今度こそはとRedHat7.1を試したらSCSIの認識されない問題が同じで,NFSは途中 でエラーが出てインストーラがこけるという具合い.これまた,インストールで きませんでした.つーことで,結局,Turboをインストールしました.Xの設定もATI Rage を自動で認識してくれるので普通にできます.サウン ドはドライバ読み込みを実行してもできませんでした.

電源関係

BIOSがやはりMURAMASAと同じPhoenixなので,サスペンドなどの大事な機能はキー操作 (Fn+F12)ではうまく行きません.コマンドラインからルート権限で実行してもサ スペンドはバックライトが消えないし,さらに悪いことに復帰しません.困った ものです.現在は対処なし,という状態です.

その他

ネットワークに関しては,内蔵eth0は使わないのでMelcoのWLI-PCM-L11用に設定 しました.eth1を作成しておき, 次の設定を/etc/pcmcia/config.optsに加えます.

card "Melco WLI-PCM-L11"
manfid 0x0156,0x0002
bind "wvlan_cs"

このあと,

# /etc/rc.d/initd/pcmcia restart

とやって,さらに,デフォルトゲートウェイを手動で

# /sbin/route add default gw ***.***.***.***

のように追加します.とりあえず,これで現在は使えています.

最後にインストール関連ですが,MURAMASAと同 じ状況になります.すなわち,現状でVineかTurbo7しか私にはインストール できません.KDEもデスクトップとしては選択できません.(テキストログインを 選択しstart kdeをすると行けるのかも知れませんが.)また,VineだとXサーバが良くないようでXが使えません.今は,UNIX USER の次号についてくるRedHat7.2に少し期待しています.(2001.11.27追記)


Linuxなページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)