TurboLinux 7 Workstation
on
SHARP Mebius PC-MT1-P1

最終更新日
2001.11.28

  1. 準備
  2. インストール
  3. その他
  4. その他2

準備

これまたヒョンなことから、自分のではないMURAMASAにLinuxをインストールしていろいろ試すこ とになりました。s30で結構苦労したので,不安が先でしたが,とりあえずいろ いろやってみました.しかし,こいつは実際に手に持ってみると薄いですねえ! 欲しくなります.ただし,液晶のくっきり感が弱い気がします.XGAだと,10イ ンチくらいがピッタリ来ると思うのですが,12インチだと間延びしてしゃきっと した画面でないような気がします.特に,インストール用や起動用のVGA画面は 情けないくらいにひどいです.

さて,インストールの準備ですが以下のような機器構成です.

機器構成

本体
Mebius PC-MT1-P1 (Win2000モデル、法人向け)
メモリ/128MB
ハードディスク/20GB
フロッピードライブ
純正USB
PCカード
Panasonic (下記のドライブの付属品)
CD-ROMドライブ
Panasonic KXL-810AN

ハードディスクは出荷時にC:ドライブに5GB,D:ドライブに残りの14GBくらいが 割り当てられているので,そのD:ドライブを消すことにしました.なので,FIPS のような危ないツールも必要なく楽ちんです.

また,別売りの純正FDDからインストール用FDで起動するためにBIOSを起動(起動 時に<F2>キーを押す)して起動順を変更しFDDを一番上に上げておきます.

インストール

前回のs30のときに,ディストリビューションとしてはTurboがいい感じだったの で,まずはTurboをインストールしました.インストーラの起動用にpcmcia.img のFDを作成しておけば,フロッピーからインストーラが起動できるのでまずは簡 単です.Xの設定もMach64を自動で認識してくれるので普通にできます.サウン ドも一発で設定完了でした.

その他

まだ,あまり試していませんが,サスペンドなどの大事な機能はキー操作 (Fn+F12)ではうまく行きません.MURAMASAよ,おまえもか,と思っていたらroot 権限で apm -s とすると,サスペンドとそこからの復帰ができたので, こいつは希望が持てそうです.詳細は,また,後日報告することにします.

などと言っていましたが,たしかにサスペンドしているよう(パワーライトがちゃ んと点滅している)なのですが,液晶のバックライトがついたままでした.これ は大問題.(2001.10.22追記)

その後ある方から指摘をいただいて裏技的な方法があることを知りました. apm -s をして,マシンがスタンバイの準備をしているタイミングで上手に Fn+F11(バックライトオフのキー操作らしいです.)とすると,バック ライトも消えて通常のスタンバイになります.ただし,私の環境では Fn+F11を押すタイミングが遅れると一見スタンバイに見えるけれどフ リーズしてしまう症状が確認されているので要注意です.教えていただいた方 では再現しない現象のようなのでMT1だけの問題かも知れません.(2001.11.28 追記)

その他2

インストールの現状についても補足しておきます.まず,このマシンに pcmcia.imgインストー ラからインストールできるのはVineとTurbo7だけでした.Kondara2.0や RedHat7.1はSCSIのCD-ROMが見えないため,先に進めません.また,NFSインストー ルするためにbootnet.imgを使うとKondara2.0は2枚に別れているインストールイ メージを一度自分で再構成しないといけないようで私の力量を越えているのでパ ス.RedHat7.1の方はTeX関連のファイルのインストール中にエラーでこけます. 原因追求している暇がないのでこちらもパス.

また,不思議なことにTurbo7でインストールしてもデスクトップにKDEを選択す ることはできません.KDE自体は入っているようでKOfficeもGNOMEから利用でき ます.でも,デスクトップとしてKDEを使えないのです.どうしてでしょうね. (2001.11.27追記)


Linuxなページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)