Vine Linux 2.5
on
DELL Latitude X200

最終更新日
2002.9.13

  1. 準備
  2. インストール
  3. 電源関係
  4. ネットワーク設定
  5. その他

準備

昨年後半に仕入れたノートの内,ふつーにサスペンドできたのはL400だけで した.今年になって薄型軽量の私好みのタイプがいくつか登場し,心が動きまし たが,結局,サスペンド出来そうなのはやっぱDELLかな,ということでX200を getです.Vineを入れることにしました.

さて,インストールの準備ですが以下のようになっています.

機器構成

本体
Latitude X200 (Win2000モデル、法人向け)
メモリ/392MB
ハードディスク/30GB
フロッピードライブ
専用メディアベース内蔵FDD
CD-ROMドライブ
Panasonic KXL-810AN
PCカード
上記ドライブ付属品
パーティションはPatitionMagicで10GBだけNTFS領域を削って作りました.細か い作業はインストールの際のDiskDruidで行っています.

また,メディアベースにはCD-RWが内蔵されているのですが,これだと,Vineの CD-ROMで起動しても内蔵ドライブとしては見えないために,使えませんでした. 考えるのが面倒なので,外付けSCSIドライブをPCカード経由で利用し,起動は FDDから行うようにしました.

インストール

まず,グラフィカルインストールを選択しましたが,ビデオ関連の認識に失敗し ているようでテキストインストール画面へと切り替わってしまいます.また,日 本語インストールを試みると,画面が斜線入りのゆがんだものになってしまうの で,英語インストールとしました.英語インストールだとキーボードでjp106を 選択しても,結局us配置になってしまうので,あとから作業が必要になります.

また,Xの設定のところでは自分でintel830を選択しないといけません.メモリ は適当に4MBとしていたら,Xのテストも無事に表示できたのでこんなもんなんで しょう.インストール中に気を使うのはこの辺りだけでした.

電源関係

このX200という機種もなかなか良くで きているようで,Fn-Escというキーバインドがサスペンドに当てられていますが, その操作で普通にサスペンドしました.電源ボタンで無事に復帰しています.一 度,復帰に失敗してしかもリセットボタンがないので,電源と電池をはずして シャットダウンする事態になりましたが,今は何とかなっているようです.これ まで試したのは,数分間,1時間程度のサスペンドですが,CompaqのEVO200は長 時間サスペンドさせると復帰しないという障害が出ていたので,こちらもそれが 心配でもうしばらくようすを見る必要があるでしょう.

その後いろいろと試してみましたが,決定的な問題がサスペンドにはありました. 起動して,1回目はサスペンドできますが,2回目からは固まります.リセットし て,また,サスペンド可能になりますが,もう一回やると固まってしまうのです. これでは使い物にならないなあ,とちょっとショックです.(2002.9.13追記)

ネットワーク設定

ネットワークに関しては,内蔵eth0は使わず,MelcoのWLI-PCM-L11を使用してい ます.2.5からは特別な設定は不要で最初からカードは認識してくれます.ただ し,on bootはnoに設定しているので,差す度に ifup eth1 をやってい ます.ちょっと面倒ですが.

その他

上述のように,インストール直後はX利用時のキー配列がUSとなっているので, JISに変更します.

/etc/X11/XF86Config-4

Section "InputDevice"

Option "XkbModel" "pc101"
Option "XkbLayout" "us"
となっているところをそれぞれ,"jp106" "jp" に変更したら配 列を変更できました.


Linuxなページに戻る

Masahiko Nawate (nawate@yasuragi.or.jp)